<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Zzzz・・・ZZzzzz・・・
b0143305_21422715.jpg

月末まで生活が落ち着かなさそうなので(笑)、今月いっぱい少しのあいだですが、ブログをお休みさせていただきます。
遊びに来ていただいて、どうもありがとうございます!

※写真は、私のもう一人の相棒、羊の”ベーさん”です。
 風呂嫌い(という設定)なので、水につかるのは珍しく、久しいウルウル具合に・・・・・・・飼い主が、萌え~♪
[PR]
by ulaomote | 2010-06-18 21:50 | その他
ダークチェリーのコンポートとバニラスコーン
b0143305_20522119.jpg

ダークチェリーがお買い得だったので、数個残っていたフランボワーズと種をこそいだ後のカスカスのバニラの鞘を加えて煮た。
缶とか瓶に入ったダークチェリーは好きじゃないけど、自分で作るから、おいしい。
バニラのスコーンを焼いて、アイスクリームと一緒にたっぷりかけて食べる。


b0143305_20535687.jpg

冷蔵庫整理のために昨日の朝焼いたブリオッシュ。
お菓子をよく作るし、パンはリーンなものの方が好みなので、脂肪分の高いパンは殆ど焼かない。
クロワッサンだとこの気温で扱いが難しそうなので、パンの嗜好が私と正反対の彼の為に作った。
案の定、鼻をならしながらウハウハいっていた(笑)
[PR]
by ulaomote | 2010-06-18 20:59 | お菓子作り
ありがとう
b0143305_14394413.jpg

その人が「ありがとう」とくれた、みかんの蜂蜜。
偶然にも、私が集めている瓶と全く同じ形だった。
一緒にいた時間の事を考えると、胸がいっぱいで、勿体無くてなかなか開けられない、と思ったが、
瓶が残ることに気が付くと、ほっとして、一気に興味が中身のほうにいく、現金な私・・・。

人との縁って、色々な意味で本当に不思議だと思う。
こちらこそ、ほんとうにほんとうに、ありがとうございました。
[PR]
by ulaomote | 2010-06-11 14:51 | 贈りもの
私の檸檬クリーム oishii
b0143305_1139074.jpg

《檸檬クリーム・・・・・・作りやすい最少量》

①ボウルに42%生クリーム(30ml)とコーンスターチ(3g)を入れ、コーンスターチをしっかり溶かす。
 卵(M)を割り入れてよくかき混ぜ、砂糖(20g)も加え混ぜる。
 レモン汁(30ml)を加え、混ぜる。
②中火にかけ、混ぜながら火をいれる。焦げ付きやすいので注意。
 フツフツいってきたら、更に30秒混ぜ続ける。
③火から下ろして濾し、氷水にあてて混ぜながら冷やすか、バットに薄く広げて砂糖(1g弱)を表面に散らし、ピッタリとラップを表面に貼り付けて冷蔵庫で冷やす。一晩寝かせるのが理想的。
④使う直前に練り直し、生クリーム(10ml)と牛乳(10ml)を混ぜる。

*今回は、卵は殻無し58g、砂糖は甜菜グラニュー糖を使用しました。
 レモン汁の酸味が強すぎる場合(大手メーカーのレモン果汁等)は、5ml程をオレンジ果汁にかえています。
 生クリームが無い場合は、牛乳、豆乳、エバミルク等でも作れますが、出来上がりの濃度や、口当たり、味が変わってきます。
 仕上げに加える乳製品についても同じです。好みで調節してください。
 バーミックスをお持ちの方は、仕上げに使うとさらに滑らかになります。いいな~♪

b0143305_11395154.jpg

このクリームを食べたいが為に、白パンを焼きました。
しっかり立てた生クリームと一緒に挟み、もう、幸せすぎるおやつです。


b0143305_12294022.jpg

お昼に食べた、ベトナム風納豆ごはん。
オリーブオイルでニンニクを揚げ焼きにして取り出し、天日干しした豆もやしを炒めてヌクマムと小指の先ほどのバターで香りづけ。
ご飯の上に、添付のタレと辛子を混ぜた納豆と豆もやし、みじん切りの玉葱をのせて、ニンニクと刻みアーモンドを散らす。
パクチーがあれば、もっとそれっぽくなると思う。
[PR]
by ulaomote | 2010-06-10 12:42 | レシピあり
オレンジ風味のガトーショコラ
b0143305_15565128.jpg

バターの代わりに少量の植物油、水分はオレンジ果汁で、ホロッとした生チョコのようなガトーショコラを焼いた。
たっぷりのオレンジソースと42%生クリームと一緒に、食後のホッとするひと時。


b0143305_23525461.jpg夜は、ピザを焼いた。大好きなナポリ風にならず、ばっちりクリスピー。
そういえば、どこかの料理人が、「家ではナポリピザのような引きのあるピザは作れないから、”家庭のピザ”のおいしさを楽しめ」と言っていたっけ。
オリーブオイルを薄く塗り、ニンニクをがっつり散らしてトマトを敷き詰め、チーズをかけてオリーブオイルをかけて焼いた。私の分は、四分の一。
直径20cmだから、食べた分の面積は・・・☆▲◎*+〇◆**・・・・知らん。
お供は、私好みにすっぱーい人参のサラダと、アボカド・キャベツ・玉葱の和風マリネ。お酢パワー+キャベツで消化促進を目論む☆
[PR]
by ulaomote | 2010-06-08 16:20 | お菓子作り
豆腐と8種類の野菜のサンドイッチ
b0143305_9323512.jpg

全粒粉のパン(の耳)に、辛子マヨネーズを薄く塗り、塩で下味と水切りをして片栗粉をつけてカリッと焼いた生姜醤油風味の豆腐、人参・キャベツ・玉葱のマリネ、味噌野菜ペースト(胡麻油で玉葱とピーマンを炒めて味噌と味醂で味付けし、粉砕したアーモンドを投入、荒熱が取れたら下茹でして刻んだオクラと茗荷、酢を加え混ぜる)を挟んだ、”和ンドイッチ”。
ロメインレタスは、挟むと崩れてきそうなので様子を見てねじ込み、トマト(写真無し)を丸かじりしながら食べる。
ラー油をちょっとたらしたり、揚げニンニクを散らしてもパンチがきいていて、また別のおいしさだった。
野菜って、なんて素晴らしいんだろう、と農家の方々に感謝。


b0143305_9481072.jpgこちらは、昨日のブランチ。
ココナッツミルクのパンに、山葵マヨネーズ、今日と同じ人参・キャベツ・玉葱のマリネ、マンゴーチキン(牛乳・玉葱・ニンニクに漬けておき、マンゴーと一緒に焼いて、仕上げにバターと黒胡椒)を挟んだサンドイッチ。
奥は、ロメインレタスの上にアスパラ・そら豆・半熟卵のサラダをのせたもの。

ご飯党の私も、サンドイッチ大好き!
[PR]
by ulaomote | 2010-06-06 10:02 | パン作り
ラムレーズンとホワイトチョコのスコーン
b0143305_18345116.jpg

なかなか好みのスコーンに出会えないので、今回は、頭をフル回転させて作ってみた。
ふっくらとしたスコーンがどうも苦手で、口の中が痛くなりそうにザクザクしてボロボロと食べにくいものを作りたかったけれど、サックリタイプのこれでも味は自分の思い通りなので、嬉しくて小躍り。

★次回の課題メモ・・・BPは小1と1/2に、小麦粉の配合を50%ずつにし、チョコレートは練り込み30g+混ぜ込み15gにしてみる。
             焼き時間も、低温で乾燥焼きにしてみる。

《5cm角スコーン/4個分》
①薄力粉(85g)・フランスパン用強力粉(25g)・素焚糖(10g)・BP(小1)・塩(ひとつまみ)を大きめのボウルに篩い、
1cm角に切った無塩バター(40g)を散らして冷凍庫に入れる。
②全卵(10g)・植物油(10g)・ラム酒(小1)を小さな容器に混ぜ、湯煎でホワイトチョコレート(40g)も溶かしておく。
ラムレーズン(30g)は水気をふきとっておく。
③冷凍庫から出した①のバターと粉類を指で手早くすり混ぜてサラサラにし、②を一気に加えて手早く木べらで切り混ぜる。
まとまってきたら、手にベタベタ付かなくなるまで、たたむように手で混ぜる。
④厚さ2cmに整えてラップで包み、冷蔵庫で30分休ませる。
⑤4つに切り分け、少量の塩と水を加えた全卵を濾して刷毛で表面に塗り、200℃で10分→160℃で12分焼く。
オーブンから出して冷まし、荒熱が取れた頃か、冷蔵庫で中まで冷やしてから(私はこっち派)食べる。
[PR]
by ulaomote | 2010-06-04 18:40 | レシピあり
きな粉とチョコレートのケーキ
b0143305_13145530.jpg

先週からきな粉とチョコチップの組み合わせがずっと頭から離れず(どんな頭~!?)、とうとう昨晩、耐えきれずに作りました。

《きな粉とチョコレートのケーキ・・・・・・直径12cmセルクル1台分》
①薄力粉(今回はドルチェ/80g)・深煎りきな粉(20g)・素焚糖(又は、好みの茶色い砂糖/10g)・ベーキングパウダー(小1)を大きめのボウルに篩い、塩の華(又は粒が大きめのまろやかな自然塩/ひとつまみとちょっと)を加える。
②直火OKの小さめのボウルに、牛乳(又は豆乳/50ml)と水飴(50ml)を入れて弱火にかけながら混ぜ、水飴が溶けたら火から下ろし、サラダ油(30ml)と太白ごま油(20ml)を加えて泡立て器でよく混ぜる。
③①のボウルに②を加えて泡だて器で切るように混ぜ、粉が半分見えなくなったところでチョコチップ(ひとつかみ)を加え、粉がほぼ見えなくなるまで同じように混ぜる。
④直径12cmのセルクルに流し込み、アーモンド(7粒)を荒く刻んで目の大きい篩いにかけ、篩いに残ったものを上に散らす。
⑤余熱した180℃のオーブンで5分、170℃に下げて25~35分、表面が焦げそうになったらアルミホイルをかけ、竹串を中央に刺しても生地が付かなくなるまで焼く。
⑥私は、冷蔵庫で一晩寝かせて冷たいのを切って食べるのが好き。

ベジタリアン仕様で植物油を使用したのが、きな粉にはよく合っていて、正解でした。
きな粉は深煎りの香ばしい京きな粉で、このタイプでないと物足りない味になってしまうと思います。
パサついて見えますが、中はしっとり、チョコチップとアーモンドのアクセントも楽しく、しみじみおいしくて止まらない。
重めの口当たりが”きな粉のブラウニー”のようで、きっと、少しずつ改善しながらまた作ると思います。
[PR]
by ulaomote | 2010-06-03 14:21 | レシピあり
レモンクリームとバニラカスタードのケーキ
b0143305_20374485.jpg
冷凍庫の残りスポンジ生地にアプリコットのシロップを打ち、お馴染みバニラビーンズたっぷりのカスタードクリームと困ったときのレモンクリームを重ねる。7時間(一晩)寝かせて、いただきます。

私は、自他共に認める雑な性格で、それを短所としてしか認められなかった。
しかし最近、それを「”柔軟”で羨ましい」と、全くの正反対、几帳面で何事も素晴らしくきっちりこなす人から真面目に言われ、何事も捉えかた次第なのだ、と心の穴が一つ塞がれた気がした。
[PR]
by ulaomote | 2010-06-02 20:38 | お菓子作り
(Page precedente) (Page suivante)


 で紹介して頂きました
カテゴリ
はじめまして
お菓子作り
パン作り
朝ごはん
昼ごはん
夜ごはん
飲みもの
レシピあり
お出掛け
思い出
旅行
贈りもの
もの
ひとりごと
音楽
フランス 2010
フランス 2011
その他
日記
原発反対!

以前の記事
2012年 11月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

お気に入りブログ
Hyvaa ruokah...
::驟雨::
[花灯-hanabi-]...
沢ぱん日記
みずたまかふぇ
SPICE MARKET...
ノンキ犬のハレルヤ手帖
chululu's note
帽子をかぶった猫のいる暮...
Going My Way...
TREAT FOR ...
気ままきゃな2
momoの気まぐれ(料理)日記
1/f breeze
j'adore
木曽川のほとりから
香港スープの日々@Tokyo
亜麻仁
ノンキごはん

最新のコメント
takanaoさん> ..
by ulaomote at 17:54
日本なんですねー 韓国..
by takanao32 at 23:07
Room230さん> ..
by ulaomote at 21:57
kitchen_kiso..
by ulaomote at 21:47
こんにちは、おかえりなさ..
by Room230 at 16:00
空の色というのは、なんと..
by kitchen_kisogawa at 15:14
ama7869さん> ..
by ulaomote at 08:03
お久しぶりです〜(^ー^..
by ama7869 at 17:21
sawatansさん> ..
by ulaomote at 00:52
えええ! 韓国に戻られ..
by sawatans at 20:21


最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧